個人的に好きなテレビ番組『水曜日のダウンタウン』4月6日放送分の内容です。なんとなく書いてみました。

この回のゲストは東京03飯塚悟志さん、大橋未歩さん、重盛さと美さん。

関係ないですが、私は重盛さと美さんのファンです。

今回の、以下の3つの説が検証されました。

  • 本物のハチ公を見たことがある人まだギリこの世にいる説
  • 「それ俺のほうが先にやってる」とキャラ被りに難癖つけてくる先輩 かわすのムズい説
  • みんなの説 ほんこんの本名 フルで応えられる若手いない説

※この記事では、名前を敬称略している部分があります

本物のハチ公を見たことがある人 まだギリこの世にいる説

プレゼンター ビビる大木

ハチ公が亡くなったのが1935年(昭和10年)。いまから87年前。90代ならば、ハチ公をみたことがあるという人がいるのではないか、ということで調査が開始。

当時から渋谷に馴染みのある渋谷西村フルーツパーラーから始まり、話はハチ公から渋谷の歴史へと広がっていきます。

昭和初期の渋谷の懐かしい写真、当時の渋谷の貴重な話が続々と出てきます。

渋谷区郷土博物館の方によると、ハチ公が生まれたのは大正12年11月。翌年1月に、渋谷の上野英三郎教授に貰われるも、そこから1年で他界。それからハチ公が毎日渋谷に通うように。

「渋谷で主人を待ち続けている」として新聞に掲載され、大変大きな話題になったそうです。多くの人がハチ公を撫でたいと人が並び、ハチ公にあやかった商品まで出てきて、ハチ公フィーバーとして3年は続いたとのこと。

それだけ話題になったため、「ハチ公を見たことがあると祖母から聞いた」という方は多いみたいですね。

そういう方によると、「焼き鳥屋で焼き鳥をもらって食べ、店が閉まると帰っていた」らしいです。まさか主人を待っていたのではなく、焼き鳥をもらっていただけ・・・?

犬らしいといえば犬らしい(笑)。

結果的には数名のハチ公を見たという人が出演。

ちょっと姿を見ただけの人。頭を撫でたという人。母がハチ公を飼っていたという人に出会って、耳が折れている原因を聞いたという人。本当かどうかは分かりませんが、貴重なお話でしたね。

話をまとめると、ハチ公はこんな犬だったようです

  • とにかく静かでかわいかった
  • あまりキレイではなかった(余計)
  • よく動きまわっており、焼き鳥をもらっ……主人を待ち続けていた

なお、番組中では本物のハチ公が動いている「あるぷす大将」(1934年 東宝)の映像も公開されました。

また、少し脱線しますが、VTRに入る前、ハチ公を知っているかと問われた重盛さと美さん。

「西郷隆盛さんが引いてた犬ですよね」と真剣な顔で回答すると、失笑が。すかさず「あれはツンと言われてます」と突っ込まれ、タジタジに。「今日私振らないでっっ」と慌てふためいていた重盛さんが最高におもしろ可愛かった(そのせいかワイプでもあまり抜かれてませんでした…残念)。

「それ俺のほうが先にやってる」とキャラ被りに難癖つけてくる先輩 かわすのムズい説

プレゼンター FUJIWARA

上下関係が厳しい芸能界。先輩の言うことは絶対という中で、もし、「俺と被ってるから、その芸風やめてくれない?」と難癖をつけられたら・・・・・

最初のターゲット、自衛隊キャラでブレイクしたやす子に対しては自衛隊芸人のテキサス。

自衛隊あるあるで散々話を盛り上げたあと、「めっちゃ被ってるよね」と一言。空気の急変に、やす子は急に姿勢を正す。「封印できたりする?」に対しては「うわーどう・・・」と悩む姿を見せるが、「自衛隊芸人辞めます」とスパッと決断。「上官の命令は絶対なので」と揺るぎない決意を表明。その後、あらゆる権利を強奪していくテキサスがオニすぎて笑ったw

ギャル芸人のエルフ荒川に対しては、同じくギャル芸人のゆーびーむ☆。

ゆーびーむ☆のやらしい攻撃にも覚悟とプライドで大人らしい対応をみせるエルフ荒川。エルフ荒川がみせるギャグに対しては、完全に下回っている返ししかできないゆーびーむ☆。しかし、先輩を立てたエルフ荒川さんは好印象でした。

そして問題だったのが、ダウンタウン松本のモノマネ第一人者で知られているJPに対して向かった、ダウソタウソの松本等しい。

松本さんの笑いのモノマネをやってみせたJPに対して、似てる素振りすら見せない等しい。

そこに、難癖をつけてJPに対して今後のものまねを辞めさせようとするのですが、そのときのセリフが……

「僕が、だからJPにもうだから、辞めて、できれば封印してもらえんかなぁっていうことを…まぁ本人に言ったらどうや?」

……?

内容が理解できずJP本人も「僕が松本さんに言うってことですか?」と質問返し。誰もがそう思ったに違いない。それに対して松本等しいは改めて言い直す。

「違う違う僕がだからJPに、もうだから辞めて、できれば封印してもらえんかなっていう事を…まぁ本人に言ったらどうや?」

……?(笑)。一言一句違わずに、意味不明な言葉を浴びせる松本等しい。

結局はストレートに言い直しました(最初から言っとけ(笑))

JPは「みなさんに喜んでいただいているんだったら、外せない」と続投宣言。それに対して等しいは「(ダウンタウン松本の)本人の連絡先を知っている。本人は自分だけを認めてくれている。浜田との付き合いもある」と半ば脅迫で詰め寄っていく。

これには松本人志本人も「めちゃくちゃやな!」と呆れ顔。

これまでの努力を振り返り、さすがに感極まってきたJP。そして、なぜか松本等しいが続投を許してあげるというカオスな状態に。

水曜日のダウンタウンであることを伝えると、JPは涙腺が崩壊。思いが吹き出し、もう辞めなきゃいけないと思ったと、その場に泣き崩れてしまうのでした。

今回の見ている側を腹立たせる姿を見せた松本等しいに対して、フジモンが「松本さんが松本等しいさんに対して難癖をつけるというのも見てみたい。それには「なんぼでもつけれるけどな!」と一喝。等しいさんに泡吹かせる次回作を楽しみにしてます!

みんなの説 ほんこんの本名 フルで応えられる若手いない説

プレゼンター 鬼越トマホーク

ごっつええ感じが終わるまでは本名だったらしいほんこんさん。

ほんこんといえば、後輩に対して厳しくて、怖いということで知られています。果たして、ほんこんにお世話になっている若手は、本名を知っているのか?

検証はプロダクション人力舎 ザ・マミィのお二人、ワタナベのハナコ 菊田さん、吉本興業のニッポンの社長ケツさん、ミキのお二人の6人。

まったく知らなかったり、蔵だけは知っていたり、レギュラー共演しているけど蔵野しか知らなかったり、イマイチ先輩として慕われてない感が漂う。

印象的なのはミキ亜生さんのエピソードで、ただのお昼でたまたまほんこんがやってきて…

「何食べてんねん」「蕎麦です」 「おぉそうか」「はい」 「美味しいか?」「はい」 ・・・「広げる気ないんか!」

と怒られたと。実際に言われたらちょっとめんどくさいな…って思う(笑)

ちなみに、ほんこんさんの本名は「蔵野孝洋(たかひろ)」さんで、ミキ昴生さんだけは氏名で答えられました。せっかく決めたのに、周りにいたダウンタウンなどをメインとすることで、ほんこんにサブ芸人感を出させてしまった昴生。決めても笑わせてくれるところが芸人ですね。

鬼越の坂井さんも、ほんこんを「ダウンタウンのおまけ」と一蹴。

これは全員ほんこんに怒られる(笑)

今回の説の検証結果

  • 「本物のハチ公を見たことがある人はまだ結構いた」
  • 「キャラを封じられるのは泣くほどツラい」
  • 「全員ほんこんに怒られる」

クロちゃんのことが好きな女性を大募集(4月30日まで)

この回で突如クロちゃん計画が発表されました。

これまでいくつかの恋愛模様を見せ、振られ続けてきたクロちゃんですが、(水ダウ企画で)広い住居も契約したクロちゃん。ついに結婚に向けての計画が発動する・・・!?

企画・内容未定、とりあえず募集している状態ですが、興味のある女性は要チェックです。

↓クロちゃんを本気で好きな女性を大募集アンケートページ

https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/suiyobinodowntown/7655/enquete.do

水曜日のダウンタウン クレジット
<制作協力>吉本興業
<製作著作>TBS